スローオナニーのやり方|ゆっくりシゴくだけがスロオナじゃない

サムネ:ふたご妹のささやき☆スローオナニー ~愛しのお兄ちゃんに最高の射精を~(サークル:調教少女)

どうも、ミスターJKです。

今回は、射精ちょっと手前の快感を、ゆっくりと感じ続けられるリラクゼーション効果の高いオナニー方法『スローオナニー』について解説していこうと思います。

今や『スローオナニー』は幅広く知られていますが、ゆっくりとシゴきあげるだけが『スローオナニー』ではありません。ペニスへの刺激方法やおかずを工夫するだけで、まるで女性のオーガズムのように、深く・長く、そして濃い快感を得ることができます

※本記事の『スローオナニー』はローション必須になります。

スローオナニーとは?

通常のオナニーとは異なり、ペニスをじっくりと丁寧に時間をかけて焦らし、刺激を加えるオナニー方法です。じわじわと性感を高め、射精直前の快感を長く、いつも以上に深く、そしてペニス全体で感じることができます。それも、射精したくないと思えるほどに

私自身、乳首オナニー(チクニー)にハマるまではスローオナニーにハマっていたのでわかるのですが、何回かスローオナニーを続けていると、射精してしまったら気持ちいいのが終わってしまうので無意識に射精しないように、射精しないように、勝手に力加減を調節したり意識が変わっていきます。

初めてスローオナニーを行ったときは、これまで行ったきたオナニーの射精時の快感と同等以上の快感が射精直前にずっと続き、同人音声でシコシコのペースを指示されていたものの理性が抑えられず射精してしまいました……。

その快感の濃度は射精量ではっきりわかります

普段のオナニーとは段違いの快感の余韻と精子の量を見て、『スローオナニー』の気持ちよさを思い出し、もう一度、味わいたいと思うことでしょう。

スローオナニーのメリット(効果)

よく言われているのが以下の通りです。

スロオナのメリット
  • 性感が増す
  • 早漏改善効果
  • セックスが上達する
  • ペニスのサイズ増大
  • 勃起持続力UP

でもまぁ私は、スローオナニーを上記の理由で行ったことは一度もありません。スローオナニーは射精の直前快感を長く味わえ、何より気持ちいいのが一番のメリットです。副産物として上記のような効果が期待できると覚えていただければ大丈夫です。

スローオナニーのやり方

事前準備として、30分~2時間を目安にたっぷりと時間を取り、室温を25℃~27℃くらいに調節して、思い切って全裸になってみましょう!


準備する物
  • ローション
  • 水(お湯)の入ったコップ
  • ハンドタイル

ローションが布団に垂れないようにタオルをお尻の下辺りに敷き、仰向けになり、足を肩幅くらいに開いて、身体の力を抜き、リラックスしましょう。利き手の届く範囲にローションの入れ物と水(お湯)の入ったコップを置いたら、準備万端です。

長時間のオナニーでは、ローションが必ず乾いてきます。乾いてきたと感じたら、コップに指を少し浸して、ヌルヌルを持続させましょう。怪我の原因にもなるため、絶対に準備してください。

基本的には、ほぼ一定のスローペースでシコシコしていくだけですが、スローオナニーのおかずでよく聴いていた同人音声の中に出てきた刺激方法を3つご紹介します。上から順番に行うのがおすすめです。

亀頭刺激

まず、ローションをたっぷりと手に取り、利き手に馴染ませます。

ローションが馴染んだら、利き手の手のひらを亀頭の先に向かって被せ、指を曲げ、亀頭全体を包み込み、触れるか触れないかの感覚で亀頭全体を刺激していきます。指は動かさず、手首をうまく使って赤子を撫でるようなイメージで優しく、ゆっくりと一定のペースで。

撫でたり、こねたり、動きに色々な変化つけて気持ちいいいじり方、気持ちいい場所を探してください。気持ちいいからと言って、決してペースを速めてはいけません

空いている手で、乳首や睾丸(○玉)も亀頭と同時に、そして丁寧に刺激してあげましょう。我慢汁がだらだらと垂れてくるようになったら回転刺激へと進みます。

亀頭回転刺激

このいじり方は好きな人が多いですね。私もその一人です。

亀頭の先に手のひらを当て、指同士の感覚を少し空け、ペニスを包みます。カリの段差の下に指の腹がくるようにして、蛇口を捻る感覚で左右にゆっくりと回転させ刺激します。これも指の腹で一番気持ちいい部分を探しながら、刺激してあげてください。

刺激に慣れてきたら、順手持ちでも、逆手持ちでも自分の気持ちいいように亀頭とカリに回転刺激を与えていきましょう。上下にシコシコせず、ゆっくりのペースは守ってください

限界近くまで射精感が高まったら一度ペニスから手を離し、深呼吸します。射精感が落ち着いてきたら、また回転刺激を再開し、これを2セット行ったら待ちに待った『シコシコ』です。

ここまでくると、かなり限界に近くなります。射精しないように力加減を調節してください。

根元からのスローディープストローク

待望のシコシコです。

ここまで来ると普段ならどうってことない刺激でも、射精できるくらいに性感が高まっていると思います。ですが、まず使う指は人差し指と親指のみで、さらに焦らします。

人差し指と親指で輪っかを作り、根元にセットして表面をなぞるようにゆっくりと上下にシゴいてください。きっと、今まで経験してきたどのシコシコよりも数倍気持ちいいはずです。

そして回転刺激同様、限界近くまで射精感が高まったらペニスから手を離し、深呼吸をします。射精感が落ち着いてきたら、今度は中指を追加してシコシコしてください。こうすることで段々と限界近くまでの間隔が短くなっていきます。

再び限界近くまできたら、深呼吸して射精感を落ち着かせて薬指、小指と指の数を増やしてください。小指まで加わったら、じわじわと押し寄せてくる射精感に抵抗せず、そのまま果ててしまいましょう

普段のオナニーでは感じられない満足感と射精量にヤミツキになると思いますよ!

※手を離すときは寸止めにならないように注意し、射精してしまいそうなときは抗わず、途中でもそのまま射精してください。寸止めしても、すぐに限界が来てしまいます。ポイントは我慢しないことです。

スロオナに最適なおかず

おすすめはスローオナニーをテーマにした同人音声です。

シゴき方やペース、射精のタイミングなどは音声内ですべて指示してくるので自分は快感のみに集中することができ、えっちな言葉や喘ぎ声、吐息などで興奮を高めてくれます

ちなみに私は同人音声からスローオナニーを知りました。スローオナニー用に制作されているのでおかずには最適です。

スローオナニーをテーマにした同人音声はこちらの記事でご紹介しています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

スローオナニーを行うときはローションはケチらずたっぷり使い、乾燥対策で手元に水の入った容器を用意しましょう。怪我をすると傷口から雑菌が入り、病気の原因にもなります。

ペニスの病気は辛いものばかりなので、本当に気をつけてください(経験者)。

コメントを残す

スローオナニーの関連記事
    おすすめの記事