ルーインドオーガズムとは?|垂れ流す連続射精のやり方とコツ

サムネ:無感情サキュバスの射精前に搾り尽くすルーインドオーガズムオナニーサポート(サークル:シルトクレーテ)

どうも、ミスターJKです。

今回は、日本ではあまり聞き馴染みのないプレイである『Ruined Orgasm(ルーインドオーガズム)』の魅力、やり方、コツについて解説していきます!

ルーインドオーガズムとルインドオーガズムの2つで呼ばれることが多いですが、ルーインドとルインドのどちらも語源は形容詞で形無しや台無しという意味を持つ『Ruined』を指します。

男性の場合のオーガズムは射精なので、ルーインドオーガズムを直訳すると"台無しにされた射精"です。

台無しと聞くと「オナニーで気持ちよくなれないの?」とか思われるかもしれませんが、オナニーで行う上での本質は少し異なります。

ちなみに、甘出しとも呼ばれています。

DLsite30%OFFクーポン
対象の同人作品30%OFFクーポン!2/26(月)23:59まで!! - DLsite同人 -


FANZAボイス作品50%OFF
FANZA5周年!ボイス作品50%OFFキャンペーン!!3/1(金)11:59まで - FANZA同人 -

ルーインドオーガズムとは?

ルーインドオーガズムを簡単に説明すると賢者タイムになりにくく、何度も射精できる射精方法ですが、一人で行う場合と他人にされる場合で少し変わってきます。

そもそもなぜルーインド(台無し)なのかというと、ルーインドオーガズムでは射精の直前に"ペニスを刺激しない"ことによって射精時に性的快楽を得られないようにするためです。

不思議なことに、射精の直前から射精するまでペニスに刺激を与え続けないと、普段感じるような射精時の快感が得られなくなります。

射精を我慢しようとして刺激を止めたときに少しだけ精液を漏らしてしまったことないですか?

あれを射精と表現していいのかはわかりませんが、射精しているのに気持ちよくなかったと思います。イメージはあれに近いです。

最も気持ちいい瞬間であるはずの快楽を奪うことが精神的苦痛に繋がるので、海外では主にSMプレイ、射精管理の一環として行われます。

「射精寸前までは気持ちよく射精させようとするけど、刺激を止めて気持ちよく射精させない」

これを繰り返し行い、強制的に気持ちいい射精を先延ばしにされるのが他人されるルーインドオーガズムです。

一人で行う場合は、射精に向かう気持ちよさを気の済むまま何度も繰り返し味わうことができます。

他人にされる場合も一人で行う場合も、初めの内は訓練と慣れが必要になりますが、比較的簡単に行える新感覚でちょっと癖になる射精方法です!

ルーインドオーガズムの魅力

射精を台無しにするということで、負のイメージを持った方も多いのではないでしょうか。

もちろん射精自体の気持ちよさは通常の射精に比べるとかなり落ちますが、ルーインドオーガズムを行うことで得られるメリットもいくつかあります。

主にオナニーでルーインドオーガズムを行う場合の魅力をご紹介します!

賢者タイムになりにくい

賢者タイムというのは射精後にくる眠たさや気だるさ、無気力などです。

ルーインドオーガズムに"成功"すると、この"賢者タイムになりにくく"なります。

「賢者タイムになったら、ルーインドオーガズムは失敗なんじゃ……」

と思いますよね?

……まぁ、私も失敗だと思います。

ただ私の経験上、うまく射精できていても気だるさを感じることがあったので賢者タイムになりにくいとしています。

始めのうちは難しいかもしれませんが、慣れてくると成功率が上がってきます。

ちなみに、私は普通にペニスを刺激して挑戦すると今でもよく失敗しますが、乳首オナニー(チクニー)だと現状100%上手くいっています。

理由はわかりません。元々ペニスを刺激しないオナニー方法だからかもしれません。

何度も射精できる

普通なら一度射精してしまったら終了するのが普段のオナニーですが、ルーインドオーガズムは賢者タイムになりにくいので、そのまま次の射精へと向かうことが可能になります。

ルーインドオーガズムの射精イメージは"絶頂しない射精"です。

絶頂しない射精って完全に矛盾してますけど、地震でいうところの初期微動をルーインドオーガズム、主要動をいつもの射精に置き換えるとわかりやすいかもしれません。
※主要動は地震の際、初期微動を感じたあとにくる大きな震動。初期微動は最初に感じる主要動の前の比較的小さな震動。

初期微動(ルーインドオーガズム)と主要動(いつもの射精)はどちらも精液を出す行為ですが、主要動がきたら、つまりいつものように射精したら基本そこでオナニーは終了です。

ルーインドオーガズム中に刺激を再開すると、すぐに主要動がやってきて絶頂します。ですが、初期微動のみに留めたらどうでしょう?

ルーインドオーガズムが落ち着くまで待つと、そこまで高めた性感や勃起をある程度維持したままオナニーを再開できます。

このとき、主要動がきていない(=絶頂していない)状態で射精ができるので、再度射精が可能になるという訳です。

何度も射精することになるので、横になって行う場合はお腹の上にタオル等を引いておく、それ以外は紙コップなどを用意して中に精液を溜めていくのがおすすめです!

射精前の快感を何度も楽しめる

賢者タイムになりにくく、連続射精可能ならば当たり前と言えば当たり前ですね。

ルーインドオーガズムはそれこそ初期微動のグラフのような緩やかな波線を描いて射精を繰り返し行えます。

普段の射精(主要動)のような突き抜ける鋭い快感はありませんが、平均的に高い水準の快感を味わい続けられる他に類を見ないオナニー方法です。

射精ギリギリ手前の快感は、射精そのものよりも好きという方が一定数います。ちなみに私もその一人です。

何度も楽しんで精液をほとんど出し終えた後のルーインドオーガズム中にペニスを再刺激して迎える、追撃絶頂射精が堪らないです。(無理やり出そうとすごいヒクヒクします)

オナニー方法よって射精時の感覚が異なる

私が経験しているのはペニスを刺激する普通のやり方と乳首オナニー(チクニー)だけなので、他がどうかはわかりませんが、この2つは明らかに違いました。

乳首オナニー(チクニー)は精液が上ってきて、先から漏れ出る瞬間にふわっと広がる淡い快感と多幸感がとても癖になります。

私がチクニー中毒になった元凶でもありますね。

そして何と言っても、ルーインドオーガズム自体は乳首オナニー(チクニー)で行う方が個人的に簡単。というより、射精を目指していると自然と通過するイメージですね。

逆に通常のルーインドオーガズムでは、乳首オナニー(チクニー)と同じ感覚を感じたことは一度もなかったです。

私は乳首オナニー(チクニー)と通常のルーインドオーガズムしか経験がありませんが、乳首オナニー(チクニー)でのルーインドオーガズムは経験する価値があると思いますよ!(難しいですが……)


ルーインドオーガズムのやり方とコツ

やり方自体はとてもシンプルです。シンプルが故に、慣れが必要になってきます。

私の感覚ですが、「射精時に刺激をしない」というより、これ以上少しでも刺激を加えたら射精してしまう地点からギリギリ射精しそうな刺激を加えてペニスから手を放します

このときペニスの根元の奥辺りがヒクヒクと収縮運動を無意識の内に繰り返しますが、そのまま動かし続けるとルーインドオーガズムではなく、ただのあまり気持ちよくない射精になってしまいます。

目指す射精は"ビクビクしない射精"です。

ヒクヒクするのはいつもの射精をするための準備をしている証拠ですから、それを上手く回避させるためにキュッと閉じる穴を広げるようなイメージで股間と下半身の力を抜きリラックスしましょう。

上手くいくと、ペニスがビクビクと反応していないのにドクドク精液が漏れ出ててくる不思議な体験ができます。

また、『寸止め』をしたことがあるの方なら感じたことがあるかもしれませんが、ある地点を超えると我慢することができず絶対に射精してしまう"限界点"が存在します。

この限界点から刺激しすぎると射精までが近くなり、ヒクヒクを抑える時間が短くなるので失敗しやすくなります。

限界点はルーインドオーガズムと賢者タイムにかかわってくるので見極めがとても重要です。

初めからルーインドオーガズムを行うのではなく、この限界点を見つけるところから始めるのがいいのかもしれません。

まとめ

ルーインドオーガズムは練習すれば誰でもできるようになります。

タイミングや脱力させるのは難しいですが、こればっかりはやりながら感覚を覚えていくしかないです。

それか乳首オナニー(チクニー)に挑戦するかですかね……。

まだ数は少ないですが、ルーインドオーガズムのおかずにも最適な音声の指示でルーインドオーガズムを実践できる同人音声をいくつかピックアップしてあるのでよろしければそちらもご覧ください。
おすすめの記事