【連続射精できる!】ルーインドオーガズムとは?【Ruined Orgasm】

サムネ:無感情サキュバスの射精前に搾り尽くすルーインドオーガズムオナニーサポート(サークル:シルトクレーテ)

どうも、ミスターJKです。

今回は、日本では聞き馴染みのないプレイである『Ruined Orgasm(ルーインドオーガズム)』について、またそのやり方、甘出しとの違いについて解説していきます。

いきなりですが、絶頂直前、ペニスへの刺激を止めたのに射精してしまったことないですか?

『寸止め』をしたことがある方なら経験したことがあるかもしれません。経験ある方は、その時のことを思い出してみてください。その射精……いつもする射精より気持ちよくなかったりしませんでしたか?

ルーインドオーガズムは、その感覚に似ています。賢者タイムになりにくく、何度も射精できるのが魅力の射精術です。

Ruined Orgasmって何?

画像はルインドになっていますが、発音の違いでルーインドもルインドも同じ『Ruined』を指します。『Ruined』は形容詞で形無しや台無しという意味を持ちます。男性の場合、オーガズムは射精。直訳すると『台無しにされた射精』となります。

なぜ台無しなのかというと、本来一番気持ちいい瞬間である射精ですが、その射精の直前にペニスを刺激しないことによって射精時に性的快楽を得られないようにします。つまり、台無しです。

冒頭でも触れましたが、『寸止め』しようとして射精してしまい、慌ててペニスを刺激しても、あまり気持ちよくなかった経験ありませんか?

私は何度もあります。不思議なことに、射精の直前から射精するまでペニスや乳首などの性感帯を刺激して快感を与え続けないと、射精時に思ったような快楽が得られなくなります

また、最も気持ちいいはずの快楽を奪うことは、精神的苦痛に繋がります。海外では主に『SMプレイ』『射精管理』の一環として行われることが多いです。

Ruined Orgasmのどこがいいの?

射精を台無しにするということで、負のイメージを持った方も多いのではないでしょうか? しかし、本質は違い、男性がルーインドオーガズムでしか得ることのできないメリットがいくつかあります

賢者タイムになりにくい

一度のルーインドオーガズムでは精子を全て放出できず、同時に、射精時の快楽が得られないため性欲を満たすことができず、賢者タイムになりにくいです。

始めのうちは難しいかもしれませんが、慣れると無意識にできるようになります。

何度も射精できる

一度のルーインドオーガズムでは精子を全て射精できないので賢者タイムに入らなければ、勃起したまま、直ぐに次のルーインドオーガズムに向かうことができます。

通常であれば、射精後に勃起が落ち着き、賢者タイムにより連続で射精に向かうことはありませんが、ルーインドオーガズムでは性欲を満たすことができない&賢者タイムになりにくいため複数回の射精が可能になります。(現実的には3回~5回)

射精前の快感を何度も(長く)楽しめる

ルーインドオーガズムは、一気に頂点に昇りつめて急降下していく射精ではなく、緩やかな波線を描くように射精を繰り返します。普段の射精のように鋭い快感はありませんが、その分射精前の快感を長く、そして何度も味わうことができます

Ruined Orgasmのやり方

やり方自体は簡単です。『射精時に刺激をしない』というより、これ以上少しでも刺激を加えたら射精してしまう地点からギリギリ射精しそうな刺激を加えて刺激を止めます

すると、奥の方から精液が尿道を通って、どろどろーっと精液が漏れ出てきます。この感覚が新鮮でハマります。そして衰えることのない勃起と射精の欲求に再びペニスを刺激し、ルーインドオーガズムを繰り返します。

『寸止め』をしたことがあるの方なら感じたことがあるかもしれませんが、ある地点を超えると我慢することができず絶対に射精してしまう『限界点』が存在します。この見極めが射精量と賢者タイムの有無に関わってくるので、とても重要です。

『Ruined Orgasm』は練習すれば誰でもできるようになります。タイミングの説明は難しいですが、イメージとしては『もう出るっ』と『出ちゃいそう』の中間辺りですかね。こればっかりはやりながら、感覚を覚えていくしかないです。

甘出しとの違い

ほぼ同義です。内容はルーインドオーガズムと変わりません。

甘出しについて詳しく知りたい方はこちら→『甘出し(ピクシブ百科事典)

まとめ

いかがだったでしょうか?

まだ数は少ないですが、音声の指示でルーインドオーガズムを実践できる音声作品をいくつかピックアップしてあるので、よろしければそちらもご覧ください。

おすすめの記事