【100円からできる】手軽で気持ちいいシリコンブラシ乳首オナニー

どうも、ミスターJKです。

今回は、手軽で始められてより一層チクニーが捗るシリコンブラシでの乳首オナニー方法を実際に購入してきた商品と一緒にご紹介していきます!

初めに、この記事の内容はある程度、乳首が感じる方向けになります。乳首オナニー(チクニー)に初めて挑戦しようと思っている方は、初心者の方向けにチクニー方法を解説している記事があるのでそちらをご覧ください。

ご紹介するアイテムはローションと音声作品を除き、すべて100円ショップで購入できます。「普段とは変わった刺激が欲しいけど、大人のおもちゃに手を出すのは……」という少し抵抗のある方にもおすすめです。


持っているといいかもしれない音声作品

乳首開発催眠サロン・プリティニップル~悪いお姉さんに開発されて、ぷっくりぷるぷるメス乳首、脳までメス堕ちメスアクメ~(19/1/28発売)DLsite専売

販売数:6,531(9/17現在)
サークル:アイロンウェアー
CV:柚木つばめ
定価:1,100円

購入はこちら


この音声は必須ではありませんが、音声中にシリコンブラシで乳首を刺激する指示が出てくるので、あるといいかもしれません。ちなみに催眠音声ですが、催眠にかかれなくても楽しめます。特に催眠誘導とかはなく、催眠っぽい言葉遣いをしてくるだけです。私は催眠にかかれませんでしたが、充分楽しめました!

シリコンブラシで乳首を刺激するという指示があるだけなので、この音声でないといけないという他の乳首責め・チクニー音声で利用してもいいです。おすすめの乳首責め・チクニー音声は記事でまとめてあるので、そちらをご覧ください。

用意する物

用意する物

ローションは必ず用意した方がいいです。摩擦ですぐに乳首が痛くなってしまい、チクニーどころではなくなります。私の愛用しているペペローションは1,000円もしない上に、粘度が高く、水で薄めて使えるので結構長持ちします。ちなみに上の画像のペペローション360mlは4月くらい購入したものです。

ペペローション 360ml(FANZA通販にアクセスします)

シリコンブラシは両乳首を同時に刺激するので、2つ必要になります。今回ご紹介する3種類のシリコンブラシはダ○ソーとキ○ン★ドゥで購入しました。

ちなみにですが、私が"シリコン"だと思って購入したものは、よく見たら全部"シリコーン"というやつでした。調べてみたら、どうやらシリコンはケイ素という元素で、シリコーンはシリコンを使った化合物だそう(どうでもいい)。

用意する物
  • ローション
  • シリコンブラシ×2(両乳首用)
  • おかず
  • 茶碗のような容器にお水(ローションの乾燥対策)

おかずは冒頭でご紹介した『乳首開発催眠サロン・プリティニップル~悪いお姉さんに開発されて、ぷっくりぷるぷるメス乳首、脳までメス堕ちメスアクメ~』は作中にシリコンブラシで乳首を刺激する指示が出てくるのでおすすめです。

音声の最初の方にイヤホンをつける描写があり、片耳で語り掛けられながらもう片方の耳からチクニーの指示や耳舐めをしてくれます。

水はローションのぬるぬるを持続させるためにも用意しましょう。容器に関しては何でも構いませんが、茶碗のような形の容器ならブラシの先全体を水に浸せます。

シリコーンキッチンブラシ(ハリネズミ)

こちらはダ○ソーの清掃コーナーで発見しました。元々は食器にキズをつけないように洗うためのものなので、台所関係のコーナーにあるかもしれません。右下に小さくキッチンスポンジと書かれていますね。

サイズ感はこんな感じ。

サイズ感

食器にキズをつけないために作られているので、今回ご紹介する中では一番柔らかく、かつブラシの密集度合いも一番です。表裏あり、表の方が柔らかく、裏の方は表より硬いので使い分けできます。

画像を見たら分かるとは思いますが、表は先が細くなっていて柔らかそうですよね。逆に裏は先が表よりも太くなっているので、硬そうに見えますね。

チクニー時の使用感

まず表から。

程よくブラシにローションを垂らし、ブラシを押し付けずに乳首の表面を直接なぞっていきます。

イメージ画像

イメージとしては、一つ一つの細く小さい快感が束になって太く大きくなる感じでしょうか。これを両乳首同時にやると、ヤバいですね……(汗)

激しく擦らず、優しく撫でるだけで何故かすごく気持ちいい……。乳首をカリカリする時は爪が乳首に引っかかったり、擦れたときに強い快感に襲われますが、これはそれと同等の快感に絶え間なく襲われます。試しにやってみたとき、5分くらいは我を忘れて快感に没頭してました。

何よりも凄いと思ったのが、快感は大きいのに刺激が弱いせいか中中射精できないことです。めっちゃ気持ちいいのに、出そうな感覚にはなるのに、一線を越えられない。そんな状態です。これはデメリットではなく、メスイキ(ドライオーガズ)を達成しやすくなる可能性を秘めています。

チクニーでドライオーガズを目指すときにやってしまいがちなのが、先に射精してしまうことです。ですが、このシリコーンブラシは射精できないような低刺激で快感を最大限に与えてくれます。つまり、先に射精してしまうことを回避しつつ、メスイキ(ドライオーガズ)できるまで快感を溜め込むことができるかもしれません。

……続いて裏。

イメージ画像

ブラシの先が平らに近いため、表よりも快感の濃度は薄かったものの、適度な力を加えて乳首を上から擦ることで十分に快感を得ることができました。ただ表よりも刺激が強い分、長く擦ってはいられません。段々と痛みを感じてきます。

表で射精しそうなあと一押しを、刺激を調節して裏で強めに擦するのがいいのかなと感じました。

シリコーンブラシ

こちらもシリコーンキッチンブラシ(ハリネズミ)と同じく、キッチンスポンジと種別されているのでダ○ソーの清掃コーナーもしくは台所コーナーで見つけられるかと思います。

サイズ感はこんな感じ。

サイズ感

シリコーンキッチンブラシ(ハリネズミ)と同じような作りになっていますが、こちらの方が若干硬めで約2倍ブラシが長いです。これまた同様に裏表ありますが、裏面はチクニーに向いてなさそうだったので紹介を省きます。

キッチンブラシとの比較

シリコーンキッチンブラシ(ハリネズミ)では勃起した乳首と乳輪を同時に刺激するには、少し押し当てる必要がありますが、シリコーンブラシはブラシが約1cmあるので、乳首が勃起していても軽く宛がうだけで乳輪やその周りを全体的に刺激できるのが特徴ですね。

チクニー時の使用感

こちらもシリコーンキッチンブラシ(ハリネズミ)同様にローションをブラシに適量とり、直接乳首を刺激していいきます。

イメージ画像

快感度合いで言えば、シリコーンキッチンブラシ(ハリネズミ)に勝ります。ただ、 シリコーンキッチンブラシ(ハリネズミ)よりも刺激が強いので、人によってはすぐに痛くなることもあるかもしれません。とりあえず、気持ちいい。

激しく擦らずに撫でるイメージで乳首を刺激するというよりかは、胸全体を刺激することで乳首も自然と気持ちよくなれ、長く快感に浸れます。あとはブラシを回転させたり、擦る方向を変えたり、乳首を快感に慣れさせないように刺激を変えてあげることで、指で刺激するよりも簡単に射精まで持っていけると思いますよ!

動かす洗濯板

こちらはキ○ン★ドゥの洗濯関係のコーナーで発見しました。名前の通り、手洗いする時に使います。

サイズ感はこんな感じ。

サイズ感

ダ○ソーで購入したシリコーンブラシよりも半分くらい小さく、ブラシの長さは約0.3cmと最も短いです。小さくはあるものの、ブラシの範囲は乳輪をしっかりとカバーできているので大きさ的な問題は全くありません。

表はシリコーンキッチンブラシ(ハリネズミ)の裏と同じくらいの硬さですが、先が細くなっている分、かなり刺激が強くなっています。

チクニー時の使用感

こちらも同様にローションを適量とり、直接乳首を刺激していきます。

イメージ画像

とにかく硬い。そして痛い。私はあまり強い刺激が得意ではないので、射精に至る前に痛みが生じてギブアップしました。というより、1分も持ちませんでした。イメージ画像でもブラシに乳首が押し潰されているように見えますね。

これは直接乳首を刺激したのが問題で、サランラップの上、いつもチクニーしている服の上からローションを浸透させて行ことで多少刺激を軽減できます。強い刺激が欲しい方は挑戦してみてください。

ちなみに裏の洗濯板っぽいのは直接乳首を刺激しても痛いを感じなかったのですが、あまり気持ちよくありませんでした。

まとめ

いかがだったでしょうか?

シリコンブラシでのチクニーはかなり気持ちいいですが、強く刺激しすぎてその感覚に乳首が慣れてくると、指でイケなくなってしまう可能性もあるので注意です。シリコンブラシでチクニーするときは、無理に強く刺激したりせず、快感を楽しむような感覚で行いましょう。

どれも100円ショップで購入できるので、ぜひ挑戦してみてください! 100円ショップ等で別の商品を見つけたら、随時更新していこうと思います!

乳首責め・乳首オナニー音声をまとめた記事もあるので、おかずに探しにお役立てください。
おすすめの記事