優しいお姉さんのマゾを狂わせる地獄のカリカリ乳首責め|同人音声レビュー

どうも、ミスターJKです。

今回は、6/25よりDLsite専売で販売されているサークル『あまあまレボリューション』さんの乳首責め音声作品である『優しいお姉さんのマゾを狂わせる地獄のカリカリ乳首責め』のご紹介とレビューをしていきます!

すべてのトラック視聴済&音声を聴いての乳首オナニー(チクニー)を実践した上でレビューしています。

個人的な意見ですので参考程度に。

サポート音声つき&カリカリのみで刺激強め

本作品を簡単に説明するなら、セリフ中もカリカリでチクニーを完全指示される、乳首カリカリに特化した作品ですかね。

本作品では『佐久間のの』さん演じるお姉さんに優しく言葉責めされるメイン音声とは別に、反対側からカリカリというオノマトペがセリフ中にも聞こえてきてチクニーを完全指示されます。

【サンプル音声】はこちら(←クリックorタップで開く)

(CV:佐久間のの)


最初から最後までカリカリという同じ種類の刺激しか出てこないので、緩急を生かせるという面ではチクニーの完全指示はいいと思いました。

ただ、乳首を刺激する強さをある程度自分でコントロールしないと、早々に無感覚になるか痛みを感じることがあるので刺激に弱い方は注意しましょう。

長くカリカリし続けるためにも爪は切っておいた方がいいです。

射精描写があるのはトラック3のみ

トラック1~3の内、1と2は乳首のみの刺激でメスイキ(ドライオーガズム)を、トラック3では少しイレギュラーではありますが、ペニスと乳首の両方を刺激して射精を目指すことになります。

メスイキはこちらの記事で解説しています。

正直、トラック3がシチュエーションとしてはちょっと特殊なので、射精描写のないメスイキトラックは1つでよかったと思っています。

私は射精描写のチクニー音声でも射精することもありますし、全く気になりませんが気になる方は少なからずいると思うので。

問題はトラック3です。

トラック3はお姉さんに馬乗りされて乳首責めをされると同時に、お姉さんの股に自分のイチモツを擦り付けるというちょっとあまり見たことも聞いたこともないシチュエーションです。

これを一人で実現しようと思ったら結構考えて工夫しないと難しいので、普通に手でシコシコするか、手は動かさず腰振りするのがいいと思います。

両乳首を刺激にながらペニスも一緒にってやりたいことはわかりますが、攻めたシチュエーションだなと感じました。

でも、セリフとは別に聞こえてくるセクシーな低音オホ声にはとても興奮できるので聞いてみることをおすすめします!

トラック1と2はやや催眠テイスト

トラック1と2で特徴的なのは、チクニーを行いながらイケ(トラック1)』ビク(トラック2)』という指示で実際に身体をメスイキしたみたいに「ビクっと」反させないといけない点です。

これが私的にはちょっと催眠音声っぽい作りだなぁと感じました。

まぁこれに関してはいい要素でもあり、チクニーに集中できないなど悪い要素でもあるので、どちらがいいとは一概に言えません。

私としては、チクニー中は乳首以外に意識を向けたくない派閥の人間なので、正直なくてもよかったかなと。

かなり限定的にはなりますが、催眠導入無しで催眠にかかれる方でよく乳首関連の催眠音声を聴く方にはそこそこ刺さるんじゃないかと思います。

上手くいったら指示通りに乳首の刺激で疲れ果ててしまうほどの連続メスイキ体験とかできるかもしれません。

チクニー関連の催眠音声はこちら

まとめ

乳首カリカリのみなので初心者の方や乳首が刺激に弱い方にはあまりお勧めしません。

逆に、チクニーは乳首カリカリだけでいいくらい好きな方と私のようにチクニーを全部指示されて行いたい方にはかなりおすすめです。

フィニッシュのタイミングが全てカウントダウンなのが気になったところではありますが、音声としてのクォリティは乳首責め音声の中でも高いと思います。


作品購入はこちらからできます!


価格:1,100円

おすすめの記事